〒188-0011 東京都西東京市田無町3-1-13 ラ・ベルドゥーレタナシ102
  • 特大
  • 大
  • 標準

多焦点眼内レンズのご紹介

保険適応で使用可能な眼内レンズは単焦点眼内レンズです。単焦点眼内レンズでも、もちろん見え方は良好ですが一つの距離にしかピントが合いません。例えば遠くが見えるように単焦点眼内レンズの度数を合わせた場合、裸眼で遠くは見えますが読書などでは老眼鏡が多くの方で必要になることになります。反対に近くに合わせた場合は、遠くをみるときに眼鏡が必要になります。
白内障手術後の眼鏡使用を減らす方法として、遠近両用の眼内レンズ(多焦点眼内レンズ)があります。多焦点眼内レンズは遠くと近くの両方が裸眼でピントが合い、日常生活が快適に過ごしやすくなります。

単焦点眼内レンズの見え方
多焦点眼内レンズの見え方

先進医療

多焦点眼内レンズは保険適応にはなっていませんが、国内承認のものでは「多焦点眼内レンズによる水晶体再建術」として先進医療での使用が認められています。当院はこの手術での先進医療認定施設となっています。先進医療では眼内レンズと手術代は自費となりますが、手術前後の診察費、手術での薬剤費については保険適応となります。当院での多焦点眼内レンズの自費負担は現在330,000円となっております。

多焦点眼内レンズのラインアップ

屈折型HOYA社iSii
屈折型HOYA社iSii      
回折型AMO社テクニスマルチフォーカル
回折型AMO社テクニスマルチフォーカル 回折型AMO社テクニスマルチフォーカル 回折型AMO社テクニスマルチフォーカル 回折型AMO社テクニスマルチフォーカル

現在、国内で認可使用可能な多焦点眼内レンズは屈折型HOYA社iSiiと、回折型AMO社テクニスマルチフォーカルです。屈折型は遠方の見え方を重視する方が対象となります。回折型のテクニスマルチフォーカルは遠方、近方がほぼ同等の見え方となります。テクニスマルチフォーカルの近方焦点距離はこれまで30cmのものだけでしたが、新しく40cm, 50cmのものが使用可能になり、パソコン使用が多い方など、よりライフスタイルに合わせた選択ができるようになっています。

多焦点眼内レンズの適応

多焦点眼内レンズは裸眼で遠方近方の両方が見える可能性が高くなりますが、光を振り分けるので単焦点眼内レンズより見え方の質はどうしても少し劣る(コントラスト感度の低下)、夜間に光のぎらつきや輪が見える(グレア・ハロー)といったことが生じやすくなります。基本的に眼鏡を使用することに抵抗の無い方は多焦点眼内レンズの適応になりません。また、角膜、眼底、視神経に病気のある方は適応にならないことがあります。
どのタイプの多焦点眼内レンズがよいかも含め、実際の適応には医師との相談が必要です。